トップページ > 業務内容

業務内容

先導・誘導に関する法令

特殊な車両で道路を通行する場合は通行許可が必要

使用する道路の道路管理者に許可を得なければならない

通行条件

C条件車両 徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置することを条件とする
D条件車両 徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置し、かつ2車線内に他車が通行しない状態で当該車両が通行することを条件とする。道路管理者が別途指示する場合はその条件も付加する
(注)「連行禁止」とは、2台以上の特殊車両が縦列をなして同時に橋、高架の道路等の同一径間を渡ることを禁止する措置をいう

誘導車

  • 誘導車は、カーブや厳しい交差点部などを通過する際に他の交通安全を確保するための誘導処置や、橋梁などの構造物の保全などのために配置するものです。
誘導車の配置条件が付される場合
重量に関する場合 徐行、連行禁止および当該車両の前後に誘導車を配置することを条件とする。
寸法に関する場合 車両の寸法が大きい又は道路構造の空間寸法が厳しいために、曲線部の通行の際やトンネル等を通行する際に高さの関係で他の車線にはみださなければ通行出来ない等の車両の場合には、交通の危険を防止する観点から、徐行し、かつ当該車両の前後に誘導車を配置します。
誘導車の役割の例
@交差点折進時など他の車線を侵すこととなる場合には、他の車両等の安全確保の為の措置を講じます。
A特殊車両の前方の安全確認及び走行速度を遵守するようにします。
@橋梁同一間内の他の車両を排除します。
A交差折進時における他の後方車両の安全確保を行います。
B後続車両が特殊車両を追い越、または停止する際の誘導を行います。
C積さい貨物の固縛状態を確認します。
許可なく特殊な車両を通行させた者、又は道路管理委員の命令に違反した者等に対しては、罰則、罰金が定められております。 この罰則は、違反した運転手ばかりではなく、事業主体である法人または事業主にも同じように科せられます。
「特殊車両誘導中」の表示を前後誘導車両に示す。
 
ページトップへ戻る

道路法、道路運送車両法、道路交通法等

重量物輸送に関しては、安全確保のため道路3法(道路法、道路運送車両法、道路交通法)でさまざまな制限が定められています。システムライナーでは、コンプライアンスを重視した体制をつくり、安全で確実な輸送を行っております。

ページトップへ戻る

通行許可条件のもとに誘導車を全国対応可能

特殊車両通行許可はC条件、D条件車両の場合、車両の前後に前方/先導車、後方/後方警戒車が必要となる場合があります。システムライナーでは、全国対応で誘導車を用意しています。
※一部地域を除く

ページトップへ戻る

さまざまな状況に対応した誘導作業

重量物輸送に関しては、安全確保のため道路
3法(道路法、道路運送車両法、道路交通法)でさまざまな制限が定められています。システムライナーでは、コンプライアンスを重視した体制をつくり、安全で確実な輸送を行っております。 充実した特殊車両通行許可のもとで一貫対応

ページトップへ戻る
Copyright(C)systemliner Inc All Rights Reserved.